なんでそこに泊まったのか未だに謎

スケボーしていた学生時代の頃のこと。

スケーターの仲間も増えた頃に、九州ツアーをした。

行き先は、、、

福岡、大分、鹿児島、熊本、長崎。

それぞれのパートを撮影するために、丸一日かけていろんなスポットを回った。

地元が福岡だったから、近場は日帰りで行ってた。

その中でも、泊まりがけで行った弾丸ツアーの思い出が幾つかある。

今日はその中の1つ。

確か高校生くらいの時、ぼくと先輩を含め男3人で、長崎ツアーに行ったときのこと。

市内の有名なスポットをいくつか回って、アゴ拉麺っていうのを食べて

みんな満足してクタクタに疲れてたんだ。あの時。

ぼく:今日どこに泊まるんです?

先輩:ん〜決まってないね。どうしようか。

だと思いました。

車であたりをウロウロしてて、「ビジネスホテル」でも探してる

はずでした。

近場にちょうどホテルがあったので、そのまま駐車場へ。

ぼく:先輩、、、ここ「ラブホテル」っす。

先輩:・・・ぼく君はフード被って、女の子役ね!

ぼく:え?・・・あ、はぃ。(初めてのラブホでした。)

先輩2人の後を、フード被ってソロソロついていきます。(外観の割に、中はオシャレなんだなぁ~と何故かワクワクする。)

受付を済ませて、そそくさと部屋に向かいます。(特に何もなくて拍子抜け)

初めて入るラブホテルの部屋は、見慣れないものでいっぱいでした。

コンドームに、大人のおもちゃに、風呂場の変なピカピカの椅子に。笑

順繰り風呂に入って、シャンプー(マシェリ)いい匂いだったなとか思いながら

風呂上がると、、、大画面のテレビで鑑賞会が始まっちゃってるし。

なんか急にそれ見るとお腹痛くなっちゃって、ぼくはトイレに駆け込みます。

先輩:何トイレでひとり、こそこそしてるんだよ。笑

ぼく:ち、ち、違いますって!本当に、違いますって!!(ホントに用を足しただけです。)

そして1日遊び回った、ぼく達はウトウトと眠りについていきます。

何故かTVは大音量で喘ぎ声が聞こえる中。

先輩に挟まれて真ん中で、変にドキドキしてました。

まぁそれもつかの間、一瞬で寝ちゃいましたが。

とまぁ初めてのラブホテルは、一生忘れないある意味刺激的な思い出です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です